<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.25 Friday  | - | - | 

むらさきだちたる…



『枕草子』の冒頭、「春はあけぼの」を思い出した。今は春ではないけど。




2006.06.05 Monday 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 

しだれやなぎ



子どもの頃、大好きでした。




2006.03.21 Tuesday 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 

お星さま2



東京・上野の国立西洋美術館庭にて。沈丁花☆




2006.03.19 Sunday 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 

オオイヌノフグリ



きらきらきら、青いお星さま。




2006.03.15 Wednesday 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 

涼しい・・・紫陽花



こんばんは。暑い!!!


暑い夜には涼しい写真と話題を、というわけで。





”紫陽花”という、字が好きだ。


そして、この字にはやはり青紫色の花がよく似合う、と思う。勝手なイメージだけれど。


近所の図書館の化粧台に(!)飾られていたもの。花瓶も涼しげな青色で、気持ちがいい。職員さんありがとう。





ところで”涼しい”にちょっと注目。


泉鏡花の戯曲を精読中なのだけれど、何度も出てくる「涼やか」「涼しい」というコトバ。とってもきれいに使われている。なんとなく想像はつくけれど、どんな意味なのかな〜と辞書で調べてみた。






涼しい


?ほどよく冷やかである。


?すっきりしている。澄んで清い


?心がさわやかである。


?いさぎよい。


?厳としたさまである。


?潔白である。無関係である。


(広辞苑)



?とか?の意味は意外でしたね。でもこれで、鏡花の世界がまたはっきりと目の前に見えてくるかも。毎朝、一作品ずつ読み進めています。




1970.01.01 Thursday 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 

お日さま、ありがとう。



寒い冬の朝は、こんな晴れた空にほっとする。一日の始まりに希望を感じる。


お日さま、ありがとう、と言いたくなる。




1970.01.01 Thursday 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 2 PAGES |