<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.25 Friday  | - | - | 

七月大歌舞伎 昼の部

[ 伝統 ]

『正札附根元草摺』 

めでたいなぁ。右近さんと笑三郎さんの踊りということで期待・・・でしたが、ピンと来ない感じ。とはいえ、最後の二人振りなどはぴったりで気持ちが良かった。

『夏祭浪花鑑』

力(リキ)の入った作品という印象。その中でも、海老蔵さんが柔らかくて良かった。お祭り(殺し)の場面が、やはりウキウキする。立ち回りよりも、美しい。

・・・そういえば何だかんだ言って、この演目を見るのは初めてでした。目に楽しい、美しいお芝居。

吉弥さんを見るのは久しぶり。なんだか、おとなしくなった・・・というかきつさ?あくの強さのようなものが感じられず不思議な感じ。左團次さんが相変わらずずしっとしていてかっこいい。

そして何となんと今日は、夜の部まで通してしまいました。また別のエントリーで。

2014.07.25 Friday 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 秀山祭 九月大歌舞伎 | main |

スポンサーサイト

[ - ]
2014.07.25 Friday 23:31 | - | - |