<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.25 Friday  | - | - | 

新橋演舞場夜の部 『加賀見山旧錦絵』

[ - ]
気がついてみれば(当然といえば当然なんだけど)オンナの世界で、情と念と温かさみたいなものがじわじわと攻めてきた。

海老蔵さんの岩藤が想像していたより自然で、美しくて、びっくり。目を閉じて声だけ聞くと「あれたらーっ」というところはあったけれど…。不思議と、余裕のあるベテランの奥女中、という雰囲気が出ていた。背が高くていらして、小柄な時蔵さんや亀治郎さんと向き合うから、自然に見下ろすようになって、優しげに見えたのかも。憎々しいのだけれど、下の者を可愛いと思う余裕があって、だからこそお初を見くびってやられてしまった、ような気がした。

時蔵さんの尾上は、最初の二幕では本当に消え入ってしまいそうで、何だか予想違いだな…と感じていた。それが、見せ場って有るものなのだな、当たり前だけれど。草履打の場の後独りになり、懐紙で髪を拭う流れ。手がふるえ、拭っているのにいつのまにか懐紙を握りしめている。胸の内に色んなものが詰まって息の出口を塞いでいるのだけど、とにかく公の場を去って部屋へ戻らなければならない。鳥屋の奥の暗がりに姿が消えるまで、襖が閉まっても、目を離せない。
私室での場では、ひとつひとつ呼吸を合わせてしまい、息苦しくなるくらい。なにしろ、声を上げて泣くのは手紙を書いている時ただ一度なのだから。死に方はリアル過ぎたけれど、美しかったな。

亀治郎さんのお初は、今ひとつ掴み取れなかった。とても美しくて凛としていたから、それなりの年頃の女性に見えたり。尾上を慕い(ここが間違っているのかも?)、大事に感じるところは少女らしい一途さが見えたり。走り方にも子どもっぽさが抜けなかったり。木原敏江さんの漫画では桃割(だっけ?)に結った本当に子どもだから、そのイメージが強すぎるのかも。まあ、そんなに年が行かない娘だったら、尾上を継ぐのが心配ではあるわけだけれど…。

歌舞伎の表現って、抑えていて美しいのだと何度となく思った。現代劇ならお初が尾上にしがみついて、「自害なんて考えないで!」と叫びそうなところが、忠臣蔵になぞらえての諌めが精一杯の主従関係なのだから(というか、自害するとは予想していなかったのか。岩藤を討ちに行くのではと心配していたので。合ってるかな?)。

3月の、雛祭りを迎えるのがちょっと寂しくなりそうな観劇の帰り道です。
仕事の帰り、同僚と電車で話していてもふと尾上の肩を震わせて泣いている姿が浮かんできてしまう。
なにげなく本棚からかぶき手帖を取り出してめくっていると、時蔵さんの写真を目にした瞬間に固く結んだ口元とかこと切れる直前の目の表情が見えてくる気がする。泣き声が聞こえてくる気がする。
弱いだけではないのだけれどね。ものすごく大人で、姉のような部分もあったのだけれど、それらも含めてあの雰囲気がふっとよみがえってくる。

数日たっても忘れられない、派手ではないけれど(舞台面は派手だったけれど)しばらく残りそうなものすごい舞台でした。


<残っている謎>
+尾上の長局には「茶道具がある」とイヤホンガイドで聞こえたのですが、客席から見ても舞台写真でもそれらしき物は・・・どこにあったのでしょうか。
+上にも少し書いたけれど、初が尾上の名跡をもらうということは、中老の役職も一緒に、ということ?
+別に謎ではありませんが・・・。奥庭でのお二人の立ち廻りが、次の『かさね』と妙に重なってしまったのは私だけ?
2008.09.21 Sunday 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 七月大歌舞伎『夜叉ヶ池』 | main | コミュニティ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2014.07.25 Friday 21:06 | - | - |