<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.25 Friday  | - | - | 

国立劇場 歌舞伎鑑賞教室 『芦屋道満大内鑑』

[ 伝統 ]
「歌舞伎鑑賞教室」『葛の葉』初日

なんだか、PCに向かって感想を書き込む(打ち込む)のは、久しぶりの気がします・・・。
前回『葛の葉』を観たのは、歌舞伎座で魁春さんが葛の葉をされた時でした。筋書だったかで、「左利きなので曲書きの時に左手で正しい字を書きそうになった。」と言っていらしたのが印象的です。また、あの時の舞台でほろりと来たのと、何だか不思議な世界を見たな〜と思ったのを覚えています。
今回は、「歌舞伎のみかた」にやられたっと思い、『葛の葉』は息をつく余裕もなく集中し続けた一時間でした。
「歌舞伎のみかた」
出演者に、京屋さんの一門、特に素敵な女形が並んでいるのに小躍りする。歌舞伎座の初日とも重なっているから大向こうはいらっしゃらないかなとも思っていたが、宗之助さんが出るのと同時に「紀ノ国屋!」とかかって嬉しくなる。歌舞伎の歴史から始まり、隈取・義太夫・廻り舞台・女形芸・ぶっかえりなどなど。ここで内容を明かしてしまっては楽しみがなくなるのでやめておきますが、本当に上手い台本と演出。どなたが考えられたのだろう。さりげなく沖縄の地名を出していたのも偶然ではないのだろう。
後からあらためて思い出してみると、本編に使われる技法、見所、台詞の掛け合いなどを余さず盛り込んだ解説だったのですね。説明されていないものもあったが、「あ、これがさっき見せてもらったアレだな。」と気付くととっても楽しくなれると思う。
出演者に名を連ねていた京三郎さんが黒子としてだけのご出演だったのがちょっと残念。品のある腰元姿を見たかったな〜。

『葛の葉』
幕が開き、正面に神棚があるのを見つけて「ああ、神事に関わる人の話だからね・・・。」と一人で納得。そして最初の数分間はほとんど、子役に持っていかれているのでした。国立の花道は歌舞伎座のものより広い? そんなわけはないのだけれど、子どもが駆けて出てくると、ずいぶん幅が広く感じられる。
機織から出てくる芝雀さんの姿、子どもを諭す姿、添乳して寝かせ、襟元を整えながら戻ってくる姿(抱き上げるのは少し無造作な印象がしたが)、、、「母親だな〜」と思いながら見ていた。誰もがそう思って観ているのだろうと思いきや、終演後に母が言った言葉は「おしゃれな帯の結び方していたわね〜。」だった。わかりません、そんなのくもり

変わって葛の葉姫としての再登場、女房の時よりほっそりして小柄な感じで、声も恥らう姿もほんとに可愛らしい。う〜ん、女房に比べあれだけ初心な感じだと、六年前はかなり子どもだったのだろうな。そんな葛の葉姫(に化けた狐)と結婚して子どもまでもうけた保名って、、、と思ったりも。
姫らしくおっとりとしているだけに、裏で忙しく動いている所など想像もできず、早替りの度に拍手をしてしまう。近くの席にいた人達が心から驚いて声を上げているのを聞くのが、本当に嬉しかった。きっとあの人達、歌舞伎を楽しいと思ってくれたのだろうな・・・と。

二場目、奥から出てくる時点でただならぬ雰囲気が漂っている、なんだか息を詰めて動きを見守ってしまった。通力を現わす場面では、もっともっと客席が盛り上がっても良かったのだが、芝雀さんも淡々と演じていらっしゃるように見えた。子どもに向かって泣いて口説くのに、手は狐のまま、なんだか不思議だった。
そして、クライマックスの曲書き。う〜ん、達筆です。下から書いてもぶれないぶれない。子役が小さいためか、抱き上げている芝雀さんがとても大柄に見えた。

女房(狐)に去られ、子どもを抱いて決意を述べる保名、種太郎さんはここが一番良かったと感じた。声が出ていたから、というのもあるが・・・。しっかりと、気持ちを言葉にしている気がした。聞いていて心に入ってきた。ひとつひとつの動きがぎこちない感じはするのだけれど、子どもを負ぶうのも、妻を止めるのも、自然な感じがする。
ところでこの人、愛する人に二度も去られたことになるのですね。榊の前を亡くして狂人のようになってしまったけれど、子を持って強くなったのかな。

幕外、葛の葉の引っ込み。三階席から見ていたためもあるのだろうが、少し俯いた感じに趣があった。斜めの角度からはほっそりした顔に見えて雀右衛門さんそっくりの雰囲気もあったように思う。


ほとんど完成された舞台のように感じた。あれが、日を重ねるにつれもっと良くなるのだとしたら、本当に観てみたくてたまらない。
2008.03.02 Sunday 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 香 | main | スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』 東京公演 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2014.07.25 Friday 23:22 | - | - |