<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.25 Friday  | - | - | 

初春大歌舞伎 夜の部 初日(その1)

[ 伝統 ]
新しい年を家族と迎えて、のんびり過ごして、そして初日の舞台へ・・・なんて、ずいぶんぜいたくになったものです。おせちをお弁当箱に詰め、いざ! 忙しかったけれど、劇場も舞台もそれだけの価値があります。とっても特別な気分になれる場所に居ることができて、本当に幸せ。それにしても暑くて、熱かった〜。
『鶴寿千歳』
芝翫さんが踊られるというので、楽しみ・・・というより少し厳粛な気分での一幕目。松竹梅の歌昇さん(なぜか松緑さんと勘違いしていて、「国立と掛け持ち、大変だな〜。少し丸っこくなられたな〜。」とかずっと考えていました冷や汗)、錦之助さん孝太郎さんは何と言ったらいいのか・・・かわいらしい印象でした。三人とも色気は充分にあるのに爽やかで、空気が澄んでくる感じ。松竹梅で邪気を掃う、とでも言うのでしょうか。
孝太郎さんは少し細身の着付けでいらした気がしました(着物の事はよくわからないけれど・・・)。時折、他のお二人と絡むときに膝を折る、その脚の線がものすごくきれいだったからです。それにしても、珍しい演目でしかも初日だというのに小道具の振りなどがぴったりと合っていたのが感動的、といっても大げさではありません。
で、そこに富士を背景にせり上がってくるのが芝翫さん富十郎さん。総白髪がお二人ともよく似合うこと。動きや雰囲気もまるで、400年くらい連れ添ったおじいさんとおばあさんみたいで。雛壇をゆっくりと降りてこられる足取りを見ていて、「どちらも、本当におじいさんとおばあ・・・違った。おじいさん、か。」と思わずボケてしまったくらいお二人の創られる幸せな世界にひき込まれていました。
踊りも華やかな上に、お琴が舞台に上がっているとなると音がはっきりと聞こえて、さらに華やか。イヤホン解説は酒井孝子さん。この方が舞踊の解説をされると、振りや節の一つ一つに込められる切々とした想いを語ってくださるので、好きです。

『連獅子』
どうやら、この演目にはこれまでご縁がなかったようで、生の舞台で観るのは初めてです。解説を聞きながら、そうか、こういった重い演目の幕開きには決まった音楽があるのだな・・・ふむふむ・・・などと考えながら雛壇に敷かれた赤い色を眺めていました。
幸四郎さん染五郎さん、もっと動きが似ていらっしゃるのかと想像していました。実際には、小道具の白獅子、赤獅子の頭の動かし方や外し方など、違いを感じさせる所がたくさん。おそらく、子の若々しさを表わす演技、というのが染五郎さんにはあったのでしょう。興味深いです。千尋の谷の件では、私の席からは花道が見えないにも関わらず、何と言うのだろう、親子の間に一本の糸がつながっているような、そんな空気を感じました。それで、ふっ、と目が合う瞬間にその糸がぴん、と緊張するのですね。
間狂言の松江さん高麗蔵さん、どちらも楽しそう! 私も狂言の台詞回しに慣れたのか、次の言葉が読めるようになってきたのですが、その思い浮かべた台詞を絶妙な間合いで声に出されるのが松江さん。少しゆっくり目に、落ち着いて話されるのが高麗蔵さんです。。それにしても高麗蔵さんはいつも、少しきつめの女の人のイメージなので、狂言方に回られてもなんだか女形のように感じてしまいます。姿勢がものすごく良くて、あごを少し突き出している威厳のある雰囲気、見習いたい姿です。
台が据えられ、用意された紅白の牡丹はクリスマスツリーを連想するような・・・。親子獅子の精が現れ、あっという間に毛振りだったので呆気ない気も。あの、歌舞伎の代表とも言えるような隈取を目にして、ものすごくうきうきしてしまいました。う〜ん、お正月だな〜。
2008.01.03 Thursday 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 仕事納め、年の納め | main | 初春大歌舞伎 夜の部 初日(その2) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2014.07.25 Friday 21:17 | - | - |