<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.25 Friday  | - | - | 

Radiogenicリーディング・スペクタクル『下町日和』

何だかあわただしく、緊張した気分で会場に入る。銀座、という場所のせいもあるのだろうか、悪い意味で落ち着かない。開場し、ロビーから客席に続く扉を入った瞬間、不思議な音と暗闇に包まれた。はっ、とした。ああ、この世界だ。昨年、不思議な星の、宇宙の世界に私を引き込んだあの世界が、再び繰り広げられるんだ。そこからは一転、厳かな気分になって物語の始まりに気持ちを集中させていく(私は観客で、演じる側ではないのにね、おかしいですね)。

今年は配布資料のようなものはなかったので、初めてのお客さんには各章のタイトルや登場人物たちの生い立ちなどがわからない状態での幕開きになっていたはず。それも、いいかも。だって、どれも彼らの語りの中で明かされていくのだから。
(このレポートは、昨年の章立てにあわせて書いていきます。)

服装は・・・
春猿さん:白いふわっとしたブラウスに薄くピンクがかったストールのようなもの。たぶん、昨年と同じです。“聖夜のリボン”の時だけ細くねじっていたけれど、他の章では首にさっと掛けただけ、という形。下は黒の細身に、白いヒールのある靴。靴下も白だったようだけれど、途中で取替えられた? 茶色い紙をすっきりと整えた姿に優しさを感じる。洗練されたこの姿に“いるかいないかわからない”絹江ちゃんを想像するのは、やはり目を瞑らないと難しい。
右近さん:細かいチェックのシャツに袖をひじまでまくり上げた姿、これもおそらく、昨年と同じ。靴は春猿さんのものとおそろい? とまでいかなくてもとても似たもので、布でできているのかな? と思った。足音を抑えるためでしょうか。あ、でも、段治郎さんは革靴のようでしたね。いつもながら短く切りそろえた髪型を見ると・・・お若いですね! 二十代後半くらい? の徹が無理なく想像できる。・・・・・・いえ、きっと、徹はこんなに素敵な男性ではないはずなのです。どこにでもいる、ふつうの、そんな男性を想像するのはやっぱり難しい、かな?
段治郎さん:女優さんに気を取られてあまり覚えていないのですが。ちょっと不思議な髪型(上手く説明できないのですが)だったことだけはなんとか・・・。そういえば、段治郎さんと高橋かおりさんは左足を上にした組み方でした。宝生舞さんはぴちっときれいにそろえていらしたと思います。
“下町日和”
なんとなく、緊張気味の空気で世界が始まる。古藤さんの語りで夜から夕暮れに変わり、ほんの少し柔らかくなった空気が、右近さん春猿さんの登場で、また少し硬くなったように感じた。多くの観客にとっては身近な存在、絹江がまだ、お互いを知らなかった頃の物語だからか。
過去を語っている、という感じが耳に残っている。それが、春猿さん演じる絹江ちゃんの抑えた低めの声が耳にそう感じさせたのか、または少し年上に感じられる姿が目にそう感じさせたのか。「懐かしい」そんな感情をいっそう喚起させる。右近さんはパワー全開ノリノリで、身体の動きも目立っていました。対する春猿さんはほっとんど動かない。演技として視線を上げる以外は、まるで絵のようでした。
絹江さんの時はBGMが中村中さんの『友達の詩』オルゴールバージョン、徹の時は『林檎の樹の下で』、思わず「やった!」でした。
暗転して袖に引っ込む春猿さん、その姿は紛れもなく男性。

“友達の詩”
いつもいつも、仕事に行く早朝の電車で聞く曲。だけれどやっぱり、生の声はいい。もちろんマイクを通してだけれど、そういうことではなくて、微妙な強弱が付いたり、音程が下がったり、かすれたり、整いすぎていない曲調が彼女の歌ではとてもいい。
きつさがなくなって、とっても可愛らしい印象になられたと思う。デビューして、作られたイメージなのかどうかはわからないけれど・・・。いつも、憧れのお姉さんのように感じてしまうのだけれど、ずっと年下なんだよね。そのことを、ふっと思い出した。

“聖夜のリボン”
真夏なのに、気持ちは冬、聖夜。DVDでも繰りかえし観ている章で、登場人物の雰囲気も驚くほど同じなのだけれど、自分が、私自身が昨年とは全く違う人間なのだと気付かされる。絹江さんが「仕事が休みの時は・・・」と回想すると自分の仕事と休みを思い浮かべる。次の章では、昨年は年上だったはずの絹江さんが同い年になり、そして母になっている。
変わらぬ彼らの世界で一箇所だけ、パトカーが増えた気がする、と言う徹に「地震も増えたからね。」と答える絹江さん、これは時事バージョンですよね? 背景となるスクリーンに映る絵や効果音が、多くを語りすぎている気がしたのも否めません。特にクリスマスツリーツリーは親切すぎたのではないかな・・・。古藤さんの語りの場面、東京スタジアムとか夕暮れとかも、“イマジネーション”を前面に出すのだったら抑えてくださった方が良かった、気がします。
前の記事で、絹江さんの「ありがとう。」が楽しみだ、と書きました。これは、最終章でありったけの愛と感謝を伝える徹に対しての台詞だったのですが・・・気付いてみるとこのお芝居、どの章にも「ありがとう。」がちりばめられています。“聖夜のリボン”ならもちろん、プレゼントの場面とかね。振り返ってみれば確かに、どの場面でも思い返せる「ありがとう」だけれど、全くといっていいほど印象になかった。ああ、このお芝居は「ありがとう。」の物語なんだな。
暗転、気が付いたら下手側客席から中村中さん登場・・・それでもまだ眼を舞台上の役者さん達に向けていたら、暗がりの中で春猿さんの見てはいけない姿を見てしまったような・・・大丈夫だったのでしょうか!?

“When You Wish Upon a Star”
黒いドレスに着替えての登場。裸足がとっても映えている。そして、まぶしそうに遠くの空(ライト)を見つめる表情が、やはり好きだ。

“歌舞伎町”
曲がね、ちょっと妖しそうで、いいです。徹・絹江の場面と違ってト書きがなく、台詞だけでポンポンと進んでいくからかもしれない。よけいに、小気味良い。風俗店3日目のお姉ちゃん、高橋かおりさんは余裕のある演技で、素で演じられているような気がした。大して段治郎さんはわざと騙されている、感があったかな。
昨年の今頃は、昼間の歌舞伎町や渋谷の裏通りしか知らなかった私。今は、職場近くの繁華街(といっても新宿とは比べ物にならない小さく安全な所だけれど)の夜の雰囲気を知ってしまっている。銀二が“引いて”いるのも、どことなく現実味を帯びて感じられる。
このお二人の退場は舞台の奥から、だと思う・・・。

“林檎の樹の下で”
舞台前面の階段に腰掛けて、しっとりバージョン。まるで私のリクエストに応えてくださったようで(そんなわけないのですが)とても嬉しい。伴奏のアルペジオ(ハープ? いえ、ウクレレみたいな楽器かな?)がもう、耳に残ってしまう。なにしろ、絹江さんが語る良い場面ではいつもこの音が流れているのだから。

“天使の足跡”
ライトがついた瞬間、宝生舞さんがどなただかわからなかった。あれ、昨年とは違う女優さん? と。表情が少なかったからそう感じたのかな? 段治郎さんは、時折視線をすっと右へ、つまり共演者の方へ向けていらした。それは温かくもあり、過剰な演技にも見え、また色っぽい仕草でもあった。
この場面こそ、どんな状況での会話なのかがイメージしにくい。そんなお店に入ったことがないので(あたりまえだ!)ベッドに寝転がっているのか、でも途中で水の音がしたからシャワーを浴びたり移動があるのか、盛り砂糖は床ではなく出窓においてあるとしたら、明るい部屋なのか。
幕切れではなぜか、話の主導権が銀二に移っている。「ほら、あなたの肩のところに・・・。」は怖かったけれど、むしろ怖いのは段治郎さんの声ではなく光が消えていく北村藤子こと宝生舞さんの顔・・・。

“花火〜こんにちは赤ちゃん”
期待が大きすぎて、台詞がさらさらと流れすぎてしまったのでしょうか。意識して、目をとじて体の力を抜いて・・・声だけに集中しようとすると、ことばの一つ一つを捉えるのにものすごい集中力を必要とした。良い意味で、ね、疲れた。
薄闇の中、土手を歩く浴衣姿の若い男女を思い浮かべようとする。昨年もトライしたことだけれど、今年はちょうど江戸川の花火大会でそんな姿をたくさん見てきたから想像しやすい。。。ではなくて、やはり難しい。60年代の、華やかでも「リッチ」でもない二人の姿を思い浮かべることは、今年もできませんでした。
川原に降りる場面ではなぜか、二人の位置が交差して徹が下手側、絹江が上手側。甘えて寄りかかるとか、そんなことは起こりそうにない二人に見える。それよりもっと、尊敬を含んだ神聖なものが間に流れているような。子どもができて喜ぶ徹、それから最後にお父さんとして絹江さんと小鈴ちゃんの名前を叫ぶ徹、演じる右近さんの慶事が重なって見えて、なんだかくすぐったくなった。
先が読めているからかな、あまりドカンと笑わされることはなかった。それより、絹江さんがタクシーで病院に向う途中に見えたという夜桜桜と虹、それが背景として映されたのがあまりにきれいで、息を吸い込んだまま動けなくなりそうだった。そして最後、右近さんの叫びと共に、お二人の満面の笑み。ああ、美しい・・・春猿さん。本当に、嬉しそうな表情が会場全体を照らしているかのようでした。話が進むにつれて、時間が経つにつれて、どんどんかわいく、輝いていくように見えた。特に花火の場面、徹が「絹江、お前、月の明かりの中で本当にきれいだ。」といった時など本当にこちらがどきどきするほどだったし、最終章『こんにちは赤ちゃん』では表情が優しく、きれいで、目が離せなかった。

”林檎の樹の下で”
最後は、二度のカーテンコール。そういえば古藤さん、出番は一度しかなかったのですね、ちょっとぜいたくでもったいない気分。この歌を聞くと、「明日また会いましょう。」か、、、明日という日がまた、巡ってくるんだな。明日もまた、生きなくちゃな。そんな、明るい気分になってくる。力がみなぎってくる。
2007.08.05 Sunday 22:31 | comments(4) | trackbacks(0) | 
<< 明日はリーディング | main | 映画 『夕凪の街 桜の国』 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2014.07.25 Friday 22:31 | - | - | 
あやめ@管理人 (2007/08/10 10:19 PM)
HineMosNotariさま
コメントありがとうございます。
リフレイン・・・同じです! 気が付くと、歌っていたりするのですよね。去年はエンディングのアップテンポバージョンでしたが、今年はなぜか、しっとりバージョンがリフレイン・・・。
そろそろ『ミッシング・ピース』の初日が終わっていますね。
HineMosNotari (2007/08/08 1:12 AM)
おじゃまいたします♪
楽しい気分になれる舞台でしたが、これをみると1週間くらいは「♪林檎の木の下で〜」というフレーズが脳内リフレインするのが ある意味困りモノで…(^_^;)

今週末の「ミッシング・ピース」は初めて聞く舞台になりますが、あらたなリフレイン音楽があるのかな??
あやめ@管理人 (2007/08/06 10:15 PM)
ゆきのさま、こんばんは。
さっそく・・・読んでいただけて恐縮です(m__m)


役者さんとスタッフの皆さんに「ありがとう」・・・! そうか、その通りですね。その心、忘れずに『ミッシング・ピース』まで持って行きます。気付かせてくださって、ありがとうございます♪
ゆきの (2007/08/06 7:42 PM)
すごい!早々の記事、早速読んでしまいました!
私も、なんか会場が「銀座」って、落ち着かなかったです。去年の「恵比寿」の方が、まだ柔らかであたたかい感じがして好きでした。夜の公演が終わった後、外にでるとイルミネーションがキレイでしたし♪
“資料”、なかったですね。でも確かになくてもいいのかな…。
中さんの曲、私も朝、電車でたまに聞きます。ちょっと、優しくなれそうな、そして落ち着くようで…。笑顔で「友達の詩」を歌っていたのが余計切なかったですが、やっぱり生はいいですね。
「花火」の月夜、「こんにちは赤ちゃん」の夜桜、素敵でした!個人的には、映像って、このくらいの、イメージがしばられすぎないようなものがいいのかなと思います。前半の夕焼けなども。ツリーは私も、なくてもいいのかな〜と…。
たしかにこれ、「ありがとう」がいろいろ出てきましたね。そのどれもがいいんですよね。本当に嬉しくて、こころからあふれるような。
徹が名前を呼ぶのと、それを聞いて嬉しそうな絹江。あのラスト大好きです!いいですよね(^ ^)!
ほんとに、いい舞台でした。それこそ役者とスタッフの皆さんに「ありがとう」というところでしょうか…。