<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.25 Friday  | - | - | 

獨道中五十三驛<その2:春猿さん&笑三郎さん>

[ 伝統 ]
春猿さん&笑三郎さん
お二人で一項目にしてしまうのは非常にもったいないことですが、ここはご了承いただいて。

いつ、どのタイミングで登場するのかわからないところがおもしろいですね。場転の度に「今度はどこから登場されるのかな。」と楽しみにしていました。おきちさん・おやえさんの二人はなんとなく、客席側の人間で、それがいつの間にかお芝居の話に入り込んでしまっている、そんな不思議さがありました。

ちょっとした場面でも踊りの美しさを見せたのが笑三郎さん。滑稽な音楽に合わせていても膝の形、足の開き、手の角度などが春猿さんとも他の人たちとも違って、目を惹き付けられました。
春猿さんはアドリブ(そう見せかけた動きか)のような演技が多かったようです。動きが大きいな〜と思って観ていました。もしかして、納得いくまで合わせがなかったのかな?”日々進化する舞台”であることを考えると、きっとこの辺はまだまだ練られていくと思います。そういえば、お化粧がおもしろかった。口紅をおちょぼ口のようにして、いつもびっくりしたような表情のおきちさんでした。
一幕目の舞妓姿、不自然で笑えるのだけれど、ものすごく可愛い。春猿さん笑三郎さんに手を引かれて、一瞬、小さい女の子が間違えて舞台に上がってしまったような錯覚を覚えました。あ、えっと、この場面、前髪が・・・。右近さんにからんで「結婚しちゃっても好きよ。」の慶事ネタが入っていたのですが、私はおやえさんおきちさんが旦那持ちだけど・・・という意味に受け取っていました。なので、幕間にふと気付いた時には、一人で噴出してしまいました、、、遅いって。。。

好きだったのはまず、草津の暗闇の場で宝が何の関連もない二人の手に渡っていくところ・・・。女の足だから旅路を着いて行けずに置いていかれてしまうのですが、なんとなくこの二人が一番体力も脚力もありそうなのにな、なんて。お次は岡崎無量寺、猿琉さんおくらに十二単を騙し取られる場面。おきちさんに何と言われようと聞き入れず、「良い値で売れた♪」と喜ぶおやえさんが、底抜けに明るくて楽しかったのです。
そしてなんといっても戸塚から(だったかな?)の右近さんとの三人踊りは見ていて嬉しく、幸せな気持ちにさせられました。ところどころ、右近さんが拍子を取り、両側から春猿さん笑三郎さんが息を合わせる。同志でもない、かといって師弟でもない、言うなれば家族・兄弟のような雰囲気で、引っ張り導かれる姿が見えた気がしました。

それにしても大詰日本橋、おやえさんおきちさんが由留木家の隠密だったとは、驚きですね・・・。それまで常に動き回っていた(右近さんの早替り口上以外)ような印象のお二人が、居住まいを正している姿を見て、さすがだな・・・とこちらまで涼しい気持ちになりました。
2007.07.16 Monday 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 国立劇場 社会人のための鑑賞教室『野崎村』 | main | 獨道中五十三驛<その3:段治郎さん> >>

スポンサーサイト

[ - ]
2014.07.25 Friday 09:50 | - | - |