<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.07.25 Friday  | - | - | 

しっとり。

[ 子ども ]


サイドバーに「最新の画像」を追加したら、図らずも青系の写真ばかりであることに気付きました。暑いからね〜。無意識に、涼しい色を好んで眼にしていたのか。もうすぐ、我が家の朝顔がお目見えすることでしょう。





勉強・仕事以外のときは頭が常に歌舞伎座&鏡花モード。まずいとは思うのですけれど、暑さのせいという事に・・・。


『夜叉ヶ池』の始めの方で、村娘の百合が夫の晃に言われて、露を乗せた夕顔(朝顔ではないですけれど)に触れるシーンがあります。そこでのセリフが


ああ冷い。水の手にも涼しいほど、しっとり花が濡れましたよ。


暑いあつい毎日にほっとさせる、清涼感ある、場面。





先日この場面に行き着いたとき、「しっとり」という口調から、お芝居とは全く関係のないことを思い出しました。





学生時代、数年ほど学習塾で働いていました。教えるのにやっとで30人からの生徒を前に、一年目は笑う余裕もないくらい。そんな時、なんのきっかけだったのか、カントリーマアムというお菓子の話題になりました(授業中です!)。柔らかくて、私は好きなんだ、とかそんな事を話したのでしょうか。


すると、後ろのほうに座っていた男の子が、「オーブンで焼くとおいしいよ」と。ああ、からっとするのね、と返すと、「違う。”しっとり”してくるんだ」と。想像してください、その”しっとり”した言い方を。部活で真っ黒に焼けたその顔と、変声期を終えたばかりの不安定な声と、「しっとり」があまりにミスマッチで、私はつい笑ってしまったのです。


いわゆる、”ウケた”状態。生徒達は、主に男の子ですが、面白がって「しっとり」「しっとり」とそれは様々な”しっとり”した声音で私を笑わせ続けたのでした。これをきっかけに、ふっきれたというか。カントリーマアムを見ると、そして感情のこもった「しっとり」を聞くと。あの日の教室を思い出します。




2006.07.14 Friday 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 今年初の | main | 三つ子の魂 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2014.07.25 Friday 19:53 | - | - |